2010年07月28日

ビタミンC誘導体の効果でいいお肌


ではビタミンC誘導体の効果や、その作用は
お肌改善に役立つのでしょうか?

ビタミンC誘導体の作用としては、

@メラニンをうすくする作用
Aメラニンの合成を阻害する作用
B抗酸化作用(活性酸素除去)
C毛穴をひきしめる作用
D皮脂分泌の抑制効果
Eコラーゲンの合成を促進する作用

ビタミンC誘導体にはこれらのような作用があります。


そこで、実際のビタミンC誘導体の効果を見てみると、

a,ビタミンC誘導体による、しみ改善効果

メラニン合成を抑制し、しみを防ぎます。
出来てしまったメラニンもうすくしてくれます。


b,ビタミンC誘導体による、くすみ改善効果

メラニン合成を抑制するとともに、できてしまったメラニンをうすくすることで肌のくすみを改善します。さらに肌のターンオーバーを促すことで、肌につや、透明感を与えます。


c,ビタミンC誘導体による、にきび改善効果

皮脂の分泌抑制、抗酸化作用によりにきびを改善します。
また、真皮のコラーゲン合成を促すことでにきび跡を改善します。


d,ビタミンC誘導体による、しわ・たるみ改善効果

真皮のコラーゲン合成を促進つつし、抗酸化作用によって
コラーゲン分解を制御し、しわ・たるみを改善します。


というような、ビタミンC誘導体の効果があると言われています。


posted by クルクルマム at 15:00 | Comment(0) | スキンケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。