2010年07月27日

にきびと石鹸と洗顔方法の大切な関係


にきび 石鹸でしっかり予防していますか?

にきびは軽く考えがちですが、

こじらせると皮膚に跡が残ることもあります。

普段からスキンケアを心がけておく必要がありそうですね。


特ににきびは女性にとって、もちろん男性にとっても、

大敵!そっこう退治しておきたいものです。


最近もごく身近居ました、

にきびがひどくなって病院に行った女の子。


で、ビックリ!、病院代で目が点に…

ちいさな石鹸やらクリームやらで1万円近くも。


↓↓↓これで診察代金込みで1万円近くが…

1007271.jpg



残念な結果ですが、これも毎日にきび石鹸

しっかり予防しなかったから、仕方ない!のかも。


とは言え、何もしなかった訳ではなく

にきびを石鹸でしっかり洗顔していても

ひどくなったんですよね。


今回皮膚科のお医者さんからもらった資料もあるので

適切な方法で、にきびを石鹸で洗顔する方法を紹介します。


《洗顔方法》

朝の洗顔:
ぬるま湯(人肌以下の温度)だけですすぐ。

夜の洗顔:
@ 専用の石鹸をよく泡立てて、こすらずに丁寧に洗う。
A 泡をつける順は皮脂の多いTゾーン(額・あご・鼻)から順番に。
B すすぎはぬるま湯の流水で十分すすぎ、すすぎ残しがないよう注意する。
(とくに髪の生えぎわ・フェイスライン)
Cやわらかいタオルで押さえるようにふく。


にきび予防の基本はあくまで肌の目詰まりをなくし、

皮脂を適切に排出できるような状態を保つということになります。

その結果としてにきび菌(アクネ菌)の繁殖を抑えることができます。


面倒でも、にきびが出来る前に石鹸でしっかり洗顔することが

予防の第一歩ということになります。


学生の人たちはこの夏休みの間にしっかりと治療、手入れして、

社会人の人たちもこの夏から始めてしっかり始めて多少は抑え、、

まわりの人たちをビックリさせたくないですか?


そうそう、にきびが原因で自信をなくしていたり、

人前に出るのが嫌だったりした人も、にきびを治すと何かが変わるかもね。



今回はにきびと石鹸が主な内容ですが、実は

にきびの予防については《洗顔方法》以外にも

まだたくさん大切なことがあります。


長くなるので次回また紹介したいと思います。







posted by クルクルマム at 15:13 | Comment(0) | スキンケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。