2010年07月13日

ごぼう茶の効能って?


まさに一番知りたいのは、ごぼう茶効能


でも実際には薬ではないので正式には

ごぼう茶の効能とは言わないのかもしれません。

ごぼう茶ってこんな感じのお茶、ということです。



このごぼう茶の推奨者実践者でもある

南雲先生の解説では


ごぼうの皮の成分『サポニン』が若返り妙薬

だとのこと。



ってことは、若返るんですねーやっぱり。


でも、こころの底では、ホントですか−、

その、ごぼう茶の効能!?と

聞いている自分が居ます。



と思ったところで、詳しい解説が。



まず、ごぼうの皮から出る灰汁(あく)に

サポニン』が多く含まれている。

どうもこの『サポニン』がキモらしい。



次に


ごぼうというのは土の中に埋まっている。

そのため、虫・病気から身を守る=防衛効果あり。



また


傷がついてもすぐ治る→傷を治す効果=肌荒れシミ改善

してくれるという若返り効果あり。



そしてこのキモの成分『サポニン』は


あの古来より万病に効くと言われた高価な漢方薬の

高麗人参とほとんど成分が同じだということ。



今でも非常に高価高麗人参を毎日気軽に飲むのは無理。

でも、いつも捨ててるごぼうの皮を使った、ごぼう茶なら

毎日飲んで全然OK!ですよね。



南雲先生いわく

飲む量は麦茶と同様にヒマさえあれば飲んでもいいとのこと。



ちなみに、この南雲先生どう見ても40代ですが、

55才だったのでそれはもうビックリ。


これこそが、ごぼう茶を10年飲み続けている効果?

まあ、人によるだろうし、これだけじゃないだろうけど、

ホント見てびっくり!です。


一度お試しで

ごぼう茶を作ってみようかという場合は↓こちら

ごぼう茶 作り方


但し、↓こんな注意書きも↓ありました、念のため。

※若返るというのは南雲先生の見解になります。
※ゴボウ茶を飲みすぎるとお腹を下す可能性がありますので、ご注意ください。



posted by クルクルマム at 15:03 | Comment(0) | ごぼう茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。